プロミスと三井住友銀行で借りるのは同じ?

キャッシングベスト3

プロミスって銀行カードローンとはどのように違うのでしょうか?

今は消費者金融と言っても銀行のグループ企業である事がほとんどですから、安心して使える良い時代になりましたね。私が若い頃は消費者金融で借りるという事はサラ金で借りるという事でしたから、評判を知っている人からするとどうしても使う前に怪しんだりしたものですよ…。

で、私も数年ぶりに融資を受けようと思っているのですが、借り入れ先の候補の一つであるプロミスの形態について、少し疑問があります。プロミスは三井住友銀行グループという事でありますが、その銀行から借りる場合と一体何が違うのでしょうか?子会社なら大本としては銀行なわけですし、どっちから借りてもカードローンなら最終的には同じという事でしょうか?

いかんせん久しぶりの為、こうした事に疎くなっています。年寄りみたいな事を言ってしまって申し訳無いですが、頭が古い人間にも分かりように教えてくれませんか?

違うところは意外と多いものです

そう言われてみると、確かに「プロミスは三井住友銀行と一緒なら三井住友銀行から借りる方が良さそう!」とか意見が出てきても仕方ないですね。でもプロミスという名称が確かに個別に存在している事からも分かるように、一応違うところは結構あります。

まずぱっと見で分かりやすいのが金利ですね。三井住友銀行の方が金利は安く、プロミスの方が金利は高くなっています。これだけで見ると三井住友銀行で借りる方が良さそうなものですが、プロミスならではの設備などもありますので、案外金利的なアドバンテージというのは大きすぎるというほどでは無いのかもしれません。

あと、総量規制についても見逃せません。総量規制というのは貸金業者に課せられるルールで、年収の三分の一までしか借りられないという事になっています。プロミスは消費者金融に分類されるのでその対象ですが、三井住友銀行は銀行ですので対象外になっています。たくさん借りるなら三井住友銀行ですが、無論審査で相応と判断されない限りは総量規制を超えて借りる事はできません。注意しましょう。

あと三井住友銀行とプロミスが別々に存在しているという最大の理由として、三井住友銀行で借りるならそちらから、プロミスで借りるならプロミスからお金が出ています。審査などで提携していたとしても、お金に関してまで完全に融合しているというわけでは無いのが、今でもプロミスという消費者金融の存在感の強さを物語っているのでしょう。

どちらもお金を借りる場合には優秀な業者であり双方に独自の良さがありますので、どちらも同じと思わずに向いている方をチョイスしてみるのが良いでしょう。

プロミスと銀行カードローンの特徴について

プロミスは大手消費者金融会社です。尚、プロミスと言うのは、従来は商号としてその名を有名にしていましたが、現在はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社と言う商号に変わり、大手銀行の完全子会社であり、プロミスはサービスブランドになります。

しかしながら、プロミスと言う名前は広告や看板、テレビのコマーシャルなどでも有名で、知名度も高い事からも安心して利用できる消費者金融です。

プロミスには、最大500万円までの利用が出来き、収入がある主婦や学生を初め、アルバイトやパートなどを行って収入を得ている人が利用できるキャッシング商品や、貸金業法に基づくおまとめとして利用できるおまとめローン、自営者が利用できるカードローンなどが在ります。

自営者が利用できるカードローンの融資限度額は最大で300万円までになっていますが、利用可能額は審査が行われ利用限度額が定められることになります。
尚、このローン資金使途は生計費や事業費になるもので、自営者が生計や事業資金として利用する場合に使う事が出来るのが特徴です。

また、申し込み対象になる年齢と言うのは、20歳以上65歳以下の人で、申し込み時に身分証明を行う書類や確定申告書や青色申告決裁書などの収入を証明できる書類が必要となります。

カードローンと言うのは利用限度額の範囲の中で繰り返し利用できるのが特徴のローンです。プロミスなど消費者金融以外でも銀行カードローンが在ります。

銀行カードローンの特徴の1つに利用限度額が大きい事が挙げられます。銀行によっては1000万円の利用限度額が設定されているカードローンも有ります。
利用する場合は年収による審査が必要になりますが、銀行の審査基準は年収における返済能力、そして勤続年数について重視されます。

尚、消費者金融は総量規制の対象になりますので、カードローンなどを利用する場合は年収の3分の1以内での利用になりますが、銀行カードローンは総量規制の対象外となりますので、年収の3分の1以内と言う制限はないのが特徴です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2016 《請求書がこない》カードローン#一覧で選べばスグ見つかる! All Rights Reserved.